読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苔(コケ)の管理法 2 <気を付けてほしいこと>

コケ 植物 管理

みなさんごきげんよう

 

今日はひさしぶりの雨降り、

植物たちにとってはまさに恵みの雨ね♪

だんだんと暖かくなってゆく中、

たっぷりと水分を蓄えて大きく育ってほしいわ(✿´ ꒳ ` )

 

              ♡もくじ♡

 

苔(コケ)の管理法 <注意点>

コケとおひさま

コケも植物ですから、光を浴びて光合成いたします。

ですが、おひさま大好き、湿気大好き

しかも寒さにも強いという丈夫なコケにも弱点がございます。

 

それは「ムレ」なのですわ。

        f:id:kokemos:20170302134044j:plain

コケを直接日光に当ててしまうと、容器内の温度が上昇し、

ムレの原因になってしまわれます。

そのため、コケはレースのカーテン越しなどの半日影に置くとよいでしょう♪

 

でも、私が特におすすめいたしますのはデスク周り!

緑には、目の疲れを癒す効果がございますので、

パソコン作業などの合間にコケを眺めますと、

目も心もリラックスすることができるはずですわ♡

        f:id:kokemos:20170302133916p:plain

またコケはLEDライトでも光合成することができますので、

間接照明の近くで育てることもできます。

ライトの光に照らされたコケはまた一味違った魅力を発揮いたしますわ。

 

LEDライトは白色系が最もコケの緑を引き立たせてくださいます。

熱がこもらぬよう、

容器から30cmほど離して設置していただきますようお願いいたします。

 

コケと風

コケは空気の流れを感じながら成長いたします。

フタつきの瓶など、密閉型の容器の場合、

1週間に2回ほどフタを開け、新鮮な空気の入れ替えをおこなってくださいませ。

この時、ふぅっと軽く息を吹きかけることで二酸化炭素の供給もできますのよ。

        f:id:kokemos:20170302135851p:plain

また、日中はフタを開け、夕方以降閉じる

という方法で管理なさることもできますわ♡

 

♡まとめ♡

コケは比較的育てやすい植物ですので、

ちょっとしたコツをお掴みいただければ、

誰でも簡単にイキイキと成長させることができるはずですわ♡

 

私もまだまだ勉強中の身、

一緒に素敵なグリーンライフを楽しみましょ(´。✪ω✪。`)

 

前回の記事は↓からどうぞお飛びくださいまし。

lovely-moss.hateblo.jp

 

 

 

 

広告を非表示にする